歯科医院は定期検診を受けに行くところ!

>

むし歯治療は時間が掛かる?

平均的なむし歯治療

平均的なむし歯治療はどのくらい時間が掛かるのでしょうか?むし歯を削り、金属を歯に被せる平均的な治療をご紹介いたします。
むし歯のサイズは2~3mm、痛みを少し感じてようやく患者本人が「あれ?むし歯かな」と感じるレベルです。
ただ、このサイズのむし歯でも、歯を削るだけでは治療できず、金属をはめ込む必要があり、結果として噛み合わせや金属の詰め物を入れる為に、健康な歯も削る必要が出てきます。

そして治療期間は、歯を削り、金属の詰め物をする場所の型をとり、その後歯科技工士に金属の詰め物の製作依頼をする関係で、絶対に2回の治療が必要となります。
その上、噛み合わせの良し悪しは詰め物をして一週間ほどしないと解らないので、3回目の治療が必要になり、結局3週間はかかってしまいます。

状態が酷い場合のむし歯治療

定期検診をしていれば、確実に防げるのは、状態が酷いむし歯です。
なぜなら、むし歯は怪我や風邪などと違い、1日や二日で酷くなるものでは無く、2ヶ月、場合によっては3か月治療しないでいると酷くなるので、3か月に1度や6か月に1度でも定期検診を受ければ酷いむし歯にはなりません。
では酷い虫歯になるとどの様な、治療が必要になるかと言えば、歯の神経を細い針でキレイにして、菌が増殖しないように薬を詰める根管治療を行います。
この作業はとても時間が掛かり、歯科医がつきっきりで作業する事になり、その上、むし歯が酷くなり易い奥歯は神経の本数が多いので、一回の治療時間も通院回数も多くなってしまします。
酷い虫歯の治療には週一回の通院で2か月から3か月かかってしまう人もいるので、結果としては定期検診より年間の通院回数が多くなることも珍しくありません。


シェアする